サボテンの花言葉って怖い?送る時に風水の助言もしよう!

花言葉は風水などの占いで、よく楽しまれています。

そういった時の噂で、サボテンの花言葉は怖いという声をよく聞きますが、本当でしょうか。

サボテンの花言葉は恋愛面でも重宝されているため、怖いというのは信じがたい点もあります。
是非、調べてみましょう。

サボテンの花言葉って怖い?

繰り返しになりますが、サボテンの花言葉は怖いという噂があります。

花言葉とは、植物それぞれがもつ象徴的な意味合いのことを指しますが、怖い意味合いの花言葉をもつ植物は、攻撃的だったりして植物自体も怖いのでしょうか?

サボテンには、確かにトゲがあったりして、触るのが怖いと思う人もいるかもしれませんが、決してサボテンは怖い植物ではありません。

本題に入りますが、よく知られているサボテンの花言葉は、「燃える心」や「暖かい心」、「偉大」などです。心情を表現した花言葉が多いことが分かります。さらにサボテンの花言葉をみてみると、「枯れない愛」や「忍耐」などがあります。

ちょっと気持ちが厚すぎて重くなりましたよね。

気持ちが入りすぎると、後退りしたくなるような、ひきぎみな態度になってしまいますが、サボテンの花言葉が怖いと噂されてしまうのは、どうやらこのためのようです。

恋愛相手に贈るのはNG?プレゼントにする際に注意する相手と場面

サボテンの花言葉は、気持ちが厚すぎて重いとありました。となると、恋愛相手への贈り物には向きません。

夫婦で特別厚い思いを伝えたいなら良いかもしれませんが、告白のシーンでは重すぎてなかなか受け止めてもらえないでしょう。うまくいっていたのに、別れの方向に向いてしまうのは悲しいですよね。

反対に、目上の人や何かしら受験を控えている人への贈り物なら、適しているといえます。「偉大」という花言葉と、「忍耐」という花言葉がぴったりです。

どちらも厚い気持ちを伝えたい場面ですので、少々重い気持ちでもむしろ嬉しく感じるものです。

このように、サボテンは贈り物自体向かないのではなく、シーンを選んでプレゼントすると喜ばれる、そんな花言葉をもった植物です。

サボテンの花言葉の種類!いい意味から怖い花言葉まで!
サボテンの花言葉は何?と聞かれると、ひとつではありません。品種が豊富なサボテンは花言葉の種類もいっぱいあります。置き場所にこだわるサボテンならでは置き場所のこだわりにあわせて花言葉にも注目してみませんか?

運気を下げる?サボテンの風水的な意味合いは?

花言葉は風水でも利用され、楽しまれているとの話がありました。今度は風水的な意味合いをみていきましょう。

風水におけるサボテンの意味合い

サボテンの花言葉は、「枯れない愛」だったり「忍耐」だったり、良くも悪くも守る力としては強いイメージをもつことができます。

その通りで、サボテンの風水では、悪い気を吸いとってくれたり、悪い気から守ってくれるといわれています。
ただ、置き場所によっては、良い気も追い払ってしまうこともあるので、注意しましょう。

玄関に飾るのはダメ?サボテンを置いてはいけない場所

玄関にサボテンを置くのは、良くもあり悪くもあり、という意味合いです。

家の入り口のため、悪い気から守ってくれるのはもちろんですが、家族などの温かい存在の入り口にもなるので、良い気も追い払ってしまう可能性があるのです。

そのため、一人暮らしで不安な日々を過ごしている人にとっては、玄関にサボテンを置くのは適しているといえます。

サボテンを置くのに適した場所

では、一人暮らしではない人はどこに置くのが良いのでしょうか。

玄関の他の入り口というと、窓辺やベランダがありますが、こちらはサボテンの置き場所として適しています。

近隣トラブルも防いでくれるといわれており、日々穏やかに過ごせそうですね。

また、換気扇があるなら、トイレも良いでしょう。トイレは健康に関わる場所ですので、悪い気がたまりやすくなっています。

換気扇があると悪い気を追い払う場所があるので、サボテンの置き場所としても適しているといえます。

反対に、換気扇がないなら悪い気がたまる一方ですから、置き場所にするのはやめましょうね。

長い廊下にワンポイントでサボテンを置く

韓国では、「サボテンの花が咲きました」というと、日本の「だるまさんが転んだ」になります。

サボテンがだるまで、転んだと考えると、少し皮肉なイメージがしますが、その言葉を利用して、長い廊下にサボテンを置くのもオススメです。

悪い気が転んで、寄せ付けにくくなるかもしれません。

風水を気にする方にオススメのサボテンの種類5選

 

風水は自身の生活にあわせていろいろ工夫ができ、楽しいですよね。さらに、サボテンにも種類があるため、サボテンも選ぶことができます。

では、風水でぴったりのサボテンをみていきましょう。

とにかく悪い気を払いたいなら鬼面角

鬼面角という柱サボテンは、名前からして強そうですが、根元から分岐するので土台がしっかりしており、魔除けにとてもオススメです。

先ほども話がありましたが、名前が強そうだからといって油断せず、悪い気を吸いすぎて弱らないようにだけ、注意しましょう。

癒しの運気を強めたいなら鸞鳳玉

ランポー玉と呼ばれる、トゲなしの丸いサボテンです。トゲがないため、良い気を払ってしまいにくい種類です。さらに、形が丸いため、見た目の癒し度も抜群です。

これなら、サボテンを置きたくなる寝室の窓辺に良さそうですね。

どうしてもトゲが好きなら短毛丸

風水的にはトゲがあまり良くないと知りながらも、でもやっぱりサボテンの魅力はトゲだと感じる人は多いはずです。

そんな時は、名前の通りトゲが短い品種の短毛丸がオススメです。魔除けのパワーはフルパワーではないかもしれませんが、良い気守ってくれるはずですよ。

雄大なサボテンを選ぶ

サボテンには、英語の花言葉で「雄大」とあります。

彩雲閣や竜神木、大雲閣などは、人よりも大きく育つほどの雄大なサボテンです。

ベランダや庭に余裕があるなら、そういった雄大なサボテンを選び、風水の力も大きく期待してみてはいかがでしょうか。

 

 


サボテンの花言葉は、「枯れない愛」などの重すぎて厚すぎる気持ちが、「怖い」と感じてしまう人が多い、ということでした。しかし、それだけではなく、「偉大」などの目上の人への贈り物にぴったりな花言葉もあり、適したシチュエーションならサボテンも喜ばれる、ということでしたね。

同じように、風水も置き場所やサボテンの種類などを工夫すれば、素敵な効果が期待でき、楽しいものでしたよね。

決してサボテンは怖いものだと思い込まず、是非楽しんでみてください。

Amazon人気のサボテン
Amazonの人気サボテン一覧ページ! オーソドックスなものから寄植え、可愛い鉢付きなど多彩なサボテンが紹介されてます。 お手頃価格なので一見の価値ありです。
サボテンの知識
シェアお願いします❤
さぼてんらぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました